損をしない為の知識【競売が終了するまでの期間に任意で売却】

comfortable house

メリットと業者への依頼

任意売却を検討しよう

Good design

マイホームを購入するとき、ほとんどの人は住宅ローンを利用します。銀行などの金融機関から融資をうけ、毎月一定の金額を返済していきます。しかし、アパートの家賃を払えない人がいるように、何らかの理由で住宅ローンの返済が困難になってしまう場合もあります。 そこで、融資をした金融機関は、あらかじめ設定していた抵当権を実行します。抵当権が実行されると、目的となっている不動産は競売にかけられ、その売却代金は残債務に充てられます。抵当権者は一般の差し押さえ債権者より優先的に弁済を受けることができます。 競売は売却価格が市場価格の半分程度と低く、裁判所のホームページに物件が公開され、近所や知人、職場などに知られてしまう可能性があります。そこで、競売にかけられてしまう前に任意売却という方法で対処することがあります。

信頼できる不動産業者

任意売却は競売よりも高値で売却することができます。これは、本人も債権者にとってもメリットがあります。高く売却できるということは金融機関などの債権者にとっても好都合なのです。売却代金を残りの貸付金にいくらでも多く充てることができるからです。本人も残債務が少なければゆったりと返済していくことができます。 競売の場合は債務が多く残ってしまう場合があり、最終的に自己破産してしまうケースもあります。 また、任意売却は残債務があっても、抵当権や他の差し押さえ債権など第三者の権利を抹消することができます。精神的にも安心感が増します。 任意売却の手続き方法は難しい面があります。不動産業者でも任意売却に精通していない業者もありますので、任意売却に詳しい不動産業者に依頼するようにします。債務関係も含めて弁護士や司法書士などの法律家に相談するのも一つの手です。